問診票はこちら

口臭問診票はこちら

ひでかず歯科口腔外科クリニック

ご予約・お問い合わせ
042-300-5710

ひでかず歯科口腔外科クリニック

 MENU

口臭症

Halitosis

口臭症

口臭症

お口のにおいのことで、このようなお悩みはありませんか?

  • 自分のお口のにおいが気になる。
  • 家族など生活を共にする方から、自分のお口のにおいを指摘される。
  • 自分自身ではないが、生活を共にする方のお口のにおいが気になっている。

生理的口臭:生理的な現象に起因する口臭

以下①~⑥の口臭は、口腔内やからだに異常を認めない健康な方でも、しばしば生じるとされます。
日常の生活に支障がないようでしたら、とくに気になさらなくてよいかもしれません。

  • ①起床時の口臭
    睡眠中の唾液量の低下・口腔の乾燥・発汗などによって、口腔内の汚れ・細菌の増加・免疫の低下などが生じ、口腔内の環境が悪化することで生じるとされます。
  • ②空腹時や疲労時の口臭
    空腹やストレスによってからだに変化が生じ、口臭が生じるとされます。
  • ③緊張時の口臭
    緊張やそのストレスに伴い、唾液量の低下が生じたり、からだの変化が生じたりすることで口臭が生じるとされます。
  • ④飲食や喫煙による口臭
    口腔内の食べかすや、タバコに含まれるタールなどがお口の中に残ることで口臭が生じるとされます。
  • ⑤嗜好物・飲食物・薬物による口臭
    ニンニクやアルコール、一部の薬物などを摂取・服用し、血液中の濃度が高まると口臭を生じるとされます。
  • ⑥ホルモンの変調などに起因する口臭
    妊娠時・月経時・思春期・更年期には、ホルモンの変調に伴い口臭が認められることがあるとされます。

病的口臭:疾病に起因する口臭

また、以下のような症状の自覚とともに口臭が気になる方は、その口臭が、治療を要する疾病の一症状やサインとなっているかもしれません。お早めに受診をご検討ください。

  • ①歯周病:歯ぐきの腫れ、出血、痛みなど
    歯周病による深い歯周ポケットの中でタンパク質を分解する細菌が増加し、口臭が生じるとされます。
  • ②口腔粘膜疾患:お口の粘膜のきず、荒れ、痛みなど
    お口の粘膜が剥がれたり、出血や壊死が生じたりすることで、口臭が生じるとされます。
  • ③舌苔:舌の汚れ
    舌苔の成分は歯垢(デンタルプラーク)とほぼ同じとされます。舌苔にはお口の中の細菌、お口の粘膜から剥がれた細胞や血液成分のタンパク質が多量に含まれ、口臭の大きな原因となるとされます。 また、舌には舌乳頭と呼ばれる突起があります。この突起は胃腸の疾患や脱水などを伴うおからだの疾患の影響を受けると、伸びるなどの変化が生じます。伸びた舌乳頭の間に舌苔が形成されると考えられます。
  • ④入れ歯(義歯)の汚れ
    入れ歯の大部分を占めるレジンという材料は水分を吸収する性質があり、唾液の成分などが吸着します。汚れた状態の古い義歯は、においを発しやすいとされます。
  • ⑤う蝕症(むし歯)
    歯にむし歯があっても、直ちに口臭の原因となることは稀とされます。歯の神経が腐ってしまう状態までひどくなりますと、においを発することがあるとされます。
  • ⑥口腔の悪性腫瘍(がん)
    がんによりお口の中が壊死することで、においを発するとされます。
    当院では「当院の特徴」のページにもお示ししておりますが、一般歯科診療を実施しておりませんため、とくに①・④・⑤が気になる方はかかりつけの歯科医院の受診もご検討ください。

口臭症

さらに、上記の生理的口臭または病的口臭の有無にかかわらず、以下のようにお悩みがある方は、「口臭症」が疑われます。

  • 自分の口臭が、他人に迷惑をかけているのではないかと思う
  • 他人の仕草が、自分の口臭のせいではないかと思うことがある
  • 自分の口臭が気になり、人前に出たり、人と近づいたり、人と向き合ったりしづらい

口臭症は、「生理的・器質的(身体的)・精神的な原因により口臭に対して不安を感じる症状」と定義されます。上記に挙げてきた疾患や状態を治療・ケアすることのみで、必ずしも悩みが解決しない可能性も考えられます。悩んでおられる方は、よろしければ一度受診をご検討ください。

当院では、口臭の診療につきましては、初診では原則、保険診療の範囲での対応とさせていただきます。その後の診療によって、保険診療の範囲で行えない対応につきましては、患者様と十分にご相談を行い、同意をいただいたうえで、保険適用外診療として行わせていただきたく考えます。

当院の「口臭の診療」(一例)

「口臭の診療」初診:診察時間はおよそ1時間程度を見込んでおります。

(待合室にて)

  • 当院の通常の問診票のご記入
    (問診票には、「保険適用の範囲での診療希望」、あるいは、「保険適用外の診療も説明を受けたうえで考えてみたい」、というご希望を伺う項目を含みます)
  • 口臭質問票の記入
    *通常の問診票および口臭質問票は、当ホームページからダウンロードも可能です。印刷の上、来院前に記入いただくこともできますので、よろしければご利用ください。

(診察室にて)

  • 問診票およびお口のにおいの症状に関するアンケートをもとに、医療面接(問診)を行います。
  • 口腔内の診察
  • お口の中の記録写真撮影

ここまで行いましたら、上記の問診や診察などから、必要と考えられる検査や方針をご提案します。検査は、患者さんの症状やお悩み、お口の中の所見により異なります。初診は、患者様のお悩みについて伺うこと、治療計画の提案、および(注1)官能検査(直接、医療者に対して息を吹きかけていただく方法ですが、できるだけ検査に抵抗がないよう配慮をさせていただきます)を中心といたします。第2診以降より、検査・総合診断・治療を進めてまいります。

(注1)官能検査(直接、医療者に対して息を吹きかけていただく方法)は、新型コロナウイルスをはじめとした飛沫による感染のリスクを伴うウイルス感染症の終息を迎えるまでは、実施いたしません。ご了承くださいませ。

口臭の測定につきましては、簡易ガスクロマトグラフィー形式の口臭測定器による検査もご用意しております。口臭測定器による検査は、保険適用外とさせていただいておりますため、必要に応じて、第2診以降での検査を、患者様の同意のもと計画させていただきます。その際、再診料や他の検査料を含めて以下の「主な自費診察料」での診療となりますことをご了承ください。

一連の診察および検査の結果、口臭の原因と考えらえる「からだ」の状態や疾患、および「こころ」の状態や疾患につき、当院での治療やケア、かかりつけ歯科の先生方での治療やケア、病院医科や口腔外科などの受診や精密検査の依頼などを検討させていただきます。

主な自費診察料

当院の口臭の診療に対する自費診察料(金額は税込み)は以下のとおりです。

第2診以降に、保険適用外の検査をご希望の際は、下記の費用での診察や検査、治療となりますことをご了承ください。

  • 診察料
    再診料(1回につき):2,180円
  • 検査料
    ・口臭測定(簡易ガスクロマトグラフィー形式):3,300円
    ・刺激時唾液分泌量測定(サクソン試験)110円
    ・口腔水分計による口腔粘膜の乾燥評価:520円
    ・心理検査:880円
    ・細菌顕微鏡検査(口腔カンジダ):2,330円
  • その他
    ・院外処方箋:750円
    ・院内処方料:680円
    ・紹介状:2,750円

詳細などご不明の点は、お問い合わせください。

キトキト口臭チェック

当院では、お口の診察は希望せず、口臭測定器によるお口のにおいの物質のチェックをご希望の方を対象に、キトキト口臭チェックを承っております。

  • ●費用:1回 4,000円(保険適用外・税込み)
  • ●検査およびアドバイス時間:概ね30分を見込んでおります。

本チェックでは、(注1)官能試験(当院では、直接検査者に息を吹き付けていただく方法を採用しております)、口臭測定器を使用したお口のにおい物質(揮発性硫黄化合物)の測定、および結果に対するアドバイスを行わせていただきます。

(注1)官能検査(直接、医療者に対して息を吹きかけていただく方法)は、新型コロナウイルスをはじめとした飛沫による感染のリスクを伴うウイルス感染症の終息を迎えるまでは、実施いたしません。ご了承くださいませ。

※測定の際、下記に示します「チェック当日の注意事項」をお守りいただきます。お守りにならずに検査を受けた場合、正確な測定結果が得られない可能性があります。

本チェックは予約制としております。ご希望の方は、電話・メール・LINEのいずれかで予約をお願い申し上げます。
メール・LINEでの予約については、当ホームページ内「医院案内」をご覧ください。

(重要)チェック当日の注意事項
  • □お食事は、チェックの3時間前にお済ませください。
    チェック前の食事に、においの強いもの(にんにく・ネギ類・アルコール飲料など)はお控えください。
  • □ガムやキャンディーなども、チェックの3時間前からお控えください。
  • □コーヒーやお茶などの飲料は、チェックの1時間前からお控えください。
  • □チェック直前の歯みがきやうがいはお控えください。 歯磨剤(歯磨き粉)、洗口液、ブレスケア製品の使用もお控えください。
  • □喫煙をする方は、チェックの30分前からは避けてください。

以上の注意事項をお守りいただきますよう、お願い申し上げます。

子どもと口臭

近年、口臭に悩む子どもや、子どもの口臭に悩む両親や家族が増加しているとされています。

習慣的4)、あるいはアレルギー性鼻炎による慢性的な鼻づまりに伴う口呼吸5)は、小児の口臭の原因のひとつとして考えられています。

また、歯垢(プラーク)の付着の程度が高い場合には、口臭の主な原因物質とされている揮発性硫黄化合物の濃度が上昇するとされています6)

子どもの口臭への対応に際して、それが口臭だけの問題なのか、あるいは口臭に対して誰かが不安を抱えているのかどうか、そして、「不安を抱える」のは誰なのか(子ども本人?子どもではなくその両親?)について慎重に診察を進める必要があるとされています7)

そのため、当院では未成年(20歳未満)の口臭に関する診療につきましては、必ず保護者の方同伴で来院いただくこととしております。また、場合によっては保護者の方にもお子様と同様の検査やアンケートの記入をお願いすることがございます。

子どもにとっては、診察や検査は大人以上に心身的に苦痛を伴う場合があり、保護者の方のにもご協力をいただくことが大切と考えております。

参考図書および文献

1)宮崎秀夫編:口臭診療マニュアル EBMに基づく診断と治療.第一歯科出版,東京都,2007;3

2)日本口臭学会ガイドライン策定委員会:「口臭への対応と口臭症治療の指針」を目指して.日口臭誌 2013:4:pp20-25

3)佐藤英和:ひとくちメモ 口臭と口腔ケア 日本医師会雑誌 2015 : 144巻3号 : p490

4)Kanehira T, et al: prevalence of oral malodor and the relationship with habitual mouth breathing in children. J Clin Pediatr Dent. 28: 285-288, 2004.

5)小久江由佳子ら:小児の口呼吸に関する実態調査-保育園年長児の保護者に対するアンケート調査- 小児歯科学雑誌 41 (1) : 140 – 147 , 2003

6)齋藤正人ら:小児期の口臭に関する調査-口腔内状態と揮発性硫黄化合物の関連性について- 小児歯科学雑誌 46 (5) : 566 – 569 , 2008

7)金 明善, 中井 利江子 : 11歳で口臭不安を抱え,母親とともに口臭外来を受診した一例 日口臭誌 9 (1) :29-35 , 2018