ひでかず歯科口腔外科クリニック

ご予約・お問い合わせ
042-300-5710

ひでかず歯科口腔外科クリニック

 MENU

味覚障害・味覚異常

Dysgeusia

味覚がおかしい

味覚異常

味覚障害・味覚異常の症状

食事中や普段の生活で、下記のような症状やお悩みはございませんか?

  • 食べ物の味が、本来より薄く感じる(味覚減退・低下)
  • 食べ物の味が、本来より濃く感じる(味覚過敏)
  • 何を食べても、味を感じない(味覚脱失)
  • 口の中に食べ物がないのに、苦味や塩味、渋味を感じる(自発性異常味覚)
  • 特定の味だけ感じにくい(解離性味覚障害)
  • 何を食べても、美味しくない(悪味症)
  • 本来の味と違った味がする(異味症)
  • 特定の味を他の味と間違える(味覚錯誤)
  • 自分では正しい味付けだと思って調理したものが、他の人から「味つけが濃い(薄い)」と言われる(この場合、調理したご本人の味覚の問題ではないことも考えられます)

上記の様に、味覚障害・味覚異常には様々な症状があります。 その原因には、明らかなものから不明とされるものまで様々と考えられますが、主に下記のようなものが考えられています。

味覚障害・味覚異常の原因と考えられるもの

亜鉛不足

亜鉛は正常な味細胞(味覚の刺激を受容する細胞)の発生に関与しているとされています。亜鉛不足に伴う低亜鉛血症により障害を発現するものが、亜鉛欠乏性味覚障害です。亜鉛欠乏の原因と考えられるものに、食事の偏食や摂取量減少に伴う亜鉛摂取量の不足、内服薬の副作用に伴うもの、腎不全や肝不全などの全身疾患が原因と考えられるものがあります。

当院では血液検査は行っておりませんため、患者様と相談の上、おかかりの医科の先生や、病院医科あるいは口腔外科に血液検査の依頼ならびに低亜鉛血症である際はその治療を依頼させていただく場合がございます。

舌苔

舌苔により舌に存在する味の刺激を感じる部分がマスクされてしまい、味物質が味細胞に到達せず、味覚を感じにくくなることが考えられます。舌苔を舌ブラシやガーゼなどで定期的に除去をすることで対応します。また、苦味などを伴う場合に口腔カンジダ症を併発している可能性もあります。当院では直接鏡検法で、迅速に口腔カンジダのチェックを行います。

嗅覚障害・風味障害

風味障害とは、聞き慣れない言葉かもしれませんが、味覚は正常範囲でも、嗅覚障害により味を感じにくくなることがあります。これを風味障害といいます。
風邪・花粉症・鼻づまりなど、鼻疾患を伴う場合、風味障害も念頭に、耳鼻咽喉科に鼻疾患および嗅覚障害の精査を依頼させていただく場合があります。

神経損傷・神経障害

抜歯や、お口の中の手術で、味覚をつかさどる神経が損傷を受けることで味覚障害が生じる可能性もあります。この場合、味覚のみの障害にとどまらず、知覚(触った感覚)にも障害を生じている可能性が考えられます。

抜歯やお口の中の手術の既往が無い場合、神経を圧迫したり侵したりする病気(腫瘍など)が背景にある可能性もあるため、病院口腔外科への診察依頼を検討いたします。

薬剤の副作用

薬剤の服用で、味覚障害が生じる可能性があります。自発性異常味覚は、薬剤性味覚障害が多いとされています。内服薬を明らかにすることも大切ですので、内服しているお薬の情報が分かるもの(お薬手帳など)を受診の際にお持ちください。

ドライマウス、唾液分泌障害

シェーグレン症候群や薬剤性口腔乾燥、がん治療で頭頸部に放射線を照射したことなどによるドライマウスに伴い、味覚障害を生じることがあります。口がかわくという症状よりも、このような味覚の症状からドライマウスが判明する方もいらっしゃいます。当院ではサクソン試験(2分間)で唾液分泌量の評価を行います。

全身疾患

糖尿病に伴う口渇や神経障害、鉄欠乏性貧血・悪性貧血・胃を全摘出することによるビタミン吸収障害などによる平滑舌、腎障害、肝障害、甲状腺機能障害、脳腫瘍・脳梗塞などにより、味覚障害が生じる可能性があります。
おかかりの医科の先生で原因となるおからだの病気の治療を続けることが大切です。

心因性

味覚障害の背景に、おからだの状態に加えて、こころの状態の不調が隠れていることも考えられます。それが示唆される際は、当院で心理検査を行わせていただくことがあります。

当院では、味覚障害・味覚異常が疑われる患者様には、上記の様な原因を念頭にまず問診(おからだのご病気や内服薬などの聴取を含め)を行います。
そして、症状の評価を目的に味覚検査(ろ紙ディスク法による味覚定性定量検査)、唾液分泌量の測定、心理検査などを検討いたします。

味覚障害・味覚異常の治療

当院では、味覚障害・味覚異常の原因が明らかな場合には、対応する西洋医学的治療の検討・依頼をさせていただきますが、西洋医学的に原因が明らかでない味覚障害・味覚異常の際には、漢方医学的にアプローチを検討いたします。
使用するエキス漢方製剤は、患者さんの証(しょう:漢方医学的な患者様の病態)を考慮して処方を検討するため、同じような症状であっても患者様ごとに処方を検討する漢方薬は異なることがあります。

参考文献および図書)
・口腔内科学 永末書店 2016
・歯科漢方医学 永末書店 2018