ひでかず歯科口腔外科クリニック

ご予約・お問い合わせ
042-300-5710

ひでかず歯科口腔外科クリニック

 MENU

口がかわく

Dry mouth

口がかわく

ドライマウス

ドライマウスの症状

下記のような症状でお困りはございませんか?

  • 口の中がネバネバする
  • 口の中がよく荒れる
  • 口のわき(口角)がよく切れる、荒れる
  • 舌がざらつく、赤い、ひりひりする
  • 舌の苔が白くなったり、黄色くなったりする
  • 長い時間お話をしているとしゃべりづらくなってくる
  • クッキーやおせんべいなど、乾いたものが食べづらい、飲み込みづらい
  • 食事の味を感じにくい、口の中に苦味を感じることがある
  • 口の中がにおう
  • 急にむし歯が増えた
  • 歯医者さんで十分に入れ歯の調整をしてもらっているが、入れ歯のくっつきがよくない

など、お口に上記の様な症状を感じお困りの方は、口腔乾燥(ドライマウス)がひとつの原因となっておられるかもしれません。

 

ドライマウスの原因

口腔乾燥(ドライマウス)は、その原因が明らかなもの、わかっていないものまで、ひとつに限らず様々な原因によって生じる可能性があります。

からだの病気に対して服用しているお薬のなかには、その作用でのどの渇きや唾液の量が低下する可能性があるものがあります。

唾液をつくって出す組織(唾液腺)の機能が、からだの病気(シェーグレン症候群など)によってその機能が落ちてしまうことにより、唾液の量が低下する可能性が考えられます。

がんなどのからだの病気に対して、唾液腺が含まれる部位に放射線治療を行ったり、手術で唾液腺を含めて病気を取ったりすることによっても、唾液の量は低下する可能性があります。

白血病や悪性リンパ腫などの疾患に対し同種造血幹細胞移植という治療を受けた方にも、唾液の量の低下が生じる可能性があります。

糖尿病や腎臓の疾患をはじめとした、からだの病気によっても、のどの渇きや唾液の量の低下が生じる可能性があります。

また、緊張した状態が続くと口のねばつきやパサつき、しゃべりにくさを感じる可能性があります。

ドライマウスの治療

当院では、上記のような口腔乾燥(ドライマウス)と考えられる症状をお訴えの方に対し、詳しく問診を行い、必要に応じて唾液の分泌量の測定(ガム試験あるいはサクソン試験)や口腔粘膜の水分測定などの検査を検討いたします。

からだの病気が関連するドライマウスが疑われる際は、かかりつけの医科や病院医科・口腔外科の先生へ、精査や治療の依頼を目的に紹介をさせていただく場合がございます。また、かかりつけの医科の先生に、おからだの情報提供を依頼させていただく場合がございます。

治療は、ドライマウスの原因や症状に応じて、かかりつけ医科や歯科の先生での治療や定期健診の継続をいただくことや、ご自身での口腔のケアの方法のご提案、専門的口腔ケアのご提案を検討いたします。また適応となる疾患や症状によっては、唾液の分泌を促進するお薬や漢方薬、口腔粘膜の症状の緩和を目的としたお薬の処方を検討いたします。漢方薬は、患者さんの「証」(漢方医学的な患者さんの状態)を考慮して処方を検討します。漢方薬は、保険適用のものと、保険適用外のものがございますが、患者さんと十分に相談の上、処方を検討いたします。

ドライマウスを伴う方の食事

シェーグレン症候群をはじめとした口腔乾燥症状にお悩みの方で、「何を食べたらよいのかが分からなくなってきた」「食べること自体がつらい」など、お食事にお困りの方がいらっしゃいます。
以下、お食事のポイントなどを記載します。少しでもご参考になりましたら幸いです。

【1】お口の中の痛みと乾燥により、食物が咬みにくい、飲み込みにくいことへの対応
食物を軟らかくす
ブレンダーなどを使用して、液体・肉汁・スープを余分に混ぜてみる。
もともと軟らかいものを食べる
調理した卵、煮込んだシチュー、パスタ、ヨーグルト、ミルクセーキ、カスタードプリン、アイスクリーム、マッシュポテト、クリーム状のシリアル、バナナ、果物の缶詰など。
粘膜を刺激するものは避ける
コショウ、チリパウダー、肉荳蒄(ナツメグ)、丁子、酸味のある果物ジュースなど。
乾燥したものは工夫する
パンやクラッカーなどは、好みの液体に浸して食べる。
食べやすい温度にする
熱すぎたり冷えすぎたりしたものは刺激が強い。
食事のときに多めの水分をとる
これにより咀嚼と嚥下が楽になり、よく味わえる。
必要に応じ、医療栄養添加物も摂る
【2】歯の健康を保持するために
バラエティに富んだ食事の量と種類を考え、必須の4栄養素を含んだ食物群(肉類、牛乳、果物、野菜と穀類)から食べるようにする
砂糖や糖分の多い食物は避ける
間食に甘い物を避け、たんぱく質や脂肪、ミネラルのあるものにする
甘くて粘着性のある食品(ガム、キャンディー、ドライフルーツ)などは避ける
食物繊維を多く含んだものを食べるようにする
【3】味覚の変化への対応
新しい調味料と新しい食物の品合わせを試してみる
食物の温度を変えてみる
食事のときに多くの水分をとると嫌な味が薄まる
シュガーレスガムやシュガーレスキャンディーを噛んだり、なめたりすると嫌な味がとれる
歯や舌のセルフケアを行い、悪い味の原因となる汚れや歯垢、舌苔を清掃する

参考)菅井進:治療食指針 シェーグレン症候群. 臨床栄養, 99(4):367-369, 1997.03